出会いから結婚までの結婚相談所

男女の結びつきを支援する機関としては、民間の結婚相談所と行政機関が支援するサービスがありますが、 行政機関の場合は、嫁不足に悩む農家、漁家、商工業者に限られているのがほとんどです。民間の結婚相談所は、 性別、年齢に関係なく結婚を前提とした出会いの場を提供し、交際が始まったら、結婚に至るまで親切にフォローすることを目的としています。 性別、年齢に関係なくとはいうものの、女性の場合は相談所側で制限を設けていないのにも関わらず、 男性側から一定の年齢制限を求められる場合が多く、高齢女性には厳しい一面があります。

一方男性の場合は、女性側から安定した収入と、定職についていることが求められるケースが多いといいます。 男性に対しては相談所が独自に一定の職種や収入の下限額を決め、入会制限をしている相談所もあります。 この点、定職を持たず、収入もないのに素敵な女性を探そうなどという不届きな男性には敷居が高くなっています。 結婚相談所は無事出会いを果たした会員には結婚してもらうことを重点においているので、経験豊かな専任のカウンセラーや相談員を置いて、 きめ細かなアドバイスやフォローをしています。こうしたカウンセラーらの熱心な努力もあって信頼性も高まり、入会希望者は増えています。

[注目リンク]
結婚相談所の料金が気になる方はこちらの一括資料請求サイトが便利です⇒ 結婚相談所 料金